MENU

私は現在23歳で兼業主婦をしています。

 

経済的に余裕がなく、時間がかかると思っていたので娘が生後半年になる2月の末から就職活動を開始しました。
すると案外早く内定をもらうことができ、産後半年でフルタイム勤務を開始。

 

始めたアルバイトはテレアポのアルバイトで、私は以前コールセンターでアルバイトをしていたことがあったのですぐに業務に慣れることができると思っていました。

 

ですが、考えが甘かったようです。
アポはなかなか入らず、プレッシャーは増す一方。
それに加えて会社の雰囲気がバリバリの体育会系で、入社後すぐから会社にいてストレスを感じていました。

 

日中は在宅で仕事をしている主人に娘を預けているので、せめて帰宅後は娘と触れ合う時間を大切にしようと考えています。
そのため娘の入浴は私が担当しているのですが、お風呂で娘に髪の毛をつかまれた時に、おそろしいほど大量の髪の毛が抜けました。

 

その時は引っ張られたから抜けたのだと思ってそんなに深く考えませんでしたが、その日浴室の排水溝に溜まった髪の毛の量を見て、違和感を感じました。

 

それから入浴後のドライヤーやブラッシングの際にもパラパラと髪の毛が落ちていることに気付き、ようやく自分の抜け毛に気付いたのです。

 

気付いてしまったからかもしれませんが、シャンプーやトリートメントをしたり髪をとかすたびに抜けていく髪を見て悲しくなり、汚い話で申し訳ありませんが、入浴しても体だけ洗い2日に1回は頭を洗わないようにしました。

 

ですが、洗わなかった翌日の抜け毛が余計にひどくなっているように感じて、毎日洗うことにしました。

 

あまり気にしないようにしようとは思っていましたがやはり気になってしまい、髪をかきあげて鏡で特にひどかったこめかみの上あたりをよく見てみると、鳥のひなのようにポヤポヤした細い毛しか生えていませんでした。
特に左側がひどかったです。

 

想像していたよりもひどい姿に、悲しみを通り越して驚いて笑ってしまいました。

 

それからは、仕事を始めてから娘の夜泣きもあり短くなってしまっていた睡眠時間を確保することをとにかく意識して生活しました。

 

他にも、食生活に気を付け、以前より炭水化物や糖分を控えて、タンパク質を多く摂るように心掛けました。

 

たったそれだけの対策でしたが、徐々に効果が現れ始めていて、少しずつ太い髪の毛が生えているように感じています。

 

まだまだ油断は禁物だと思いますが、効果が出ているので睡眠時間の確保とタンパク質の摂取は意識して続けてみようと思っています。